fbpx

よくある質問TOP3

特徴は何ですか?

当校では受講者が実際に社会で活躍することができるよう、以下の特徴を掲げています。

  • 社会課題解決のために必要な主体性、コミュニケーション能力を身につけていただくためアクティブラーニング手法を採用しています。
  • 多様な分野の近未来を把握し、未知の分野とも連携できるよう、毎回異なる分野の先駆者を講師に招きます。
  • 受講後の社会活躍を目指したマッチングや起業支援までサポートいたします。

ディスカッション形式と講義形式の授業では、得られる学びにどのような違いがあるのですか?

講義形式は効率的に多くの知識を得ることができますが、知識だけでは実践者になることはできません。
ディスカッション形式は、講義で得られる知識は少ない分、対話を通じてリアルタイムに他者との捉え方の違いや、価値観を擦り合わせる訓練を行えます。

基礎知識がなく、授業についていけるか不安ですが、受講は可能でしょうか?

ご心配される必要はありません。
当校で出題される課題は、知識量を問うものではなく、発想力や想像力、他者との連携能力などを求められるものです。
また、必要な知識は事前に提示される課題図書や講義により身に付きますので、ご安心ください。

開校プレイベントについて

「開校プレイベント」の内容を教えて下さい。

以下を実施いたします。
・当校のカリキュラム説明
・ゲストスピーカーの紹介
・ゲストスピーカーによるトークセッション
・ワークショップ体験
・個別ご相談の受付と、お申し込み受付

詳細はこちらのページでご確認ください。

「開校プレイベント」に参加するために何か準備は必要ですか?

事前のお申し込みが必要です。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

プラチナマイスター・アカデミー全般

特徴は何ですか?

当校では受講者が実際に社会で活躍することができるよう、以下の特徴を掲げています。

  • 社会課題解決のために必要な主体性、コミュニケーション能力を身につけていただくためアクティブラーニング手法を採用しています。
  • 多様な分野の近未来を把握し、未知の分野とも連携できるよう、毎回異なる分野の先駆者を講師に招きます。
  • 受講後の社会活躍を目指したマッチングや起業支援までサポートいたします。

受講に必要なツールはありますか?

受講時は、必ず以下のものをご持参ください。
・受講証
・筆記用具
なお、PCやタブレット等をお持ち込みいただくことも可能です。

授業に出席できなかったとき、代替の受講機会はありますか? 振替受講制度について教えてください。

ディスカッションを行うという講座の性質上、代替の受講機会はありません。
当社の定めるオンラインサービスにて受講データおよび開催記録について公開いたしますので、お休みの際には内容をご確認ください。

受講料以外に発生する費用はありますか?

受講中には以下の費用が発生する場合があります。
・講師から提示される課題に参考図書があり、受講者がお持ちでない場合の図書購入費
・受講者が課題提出や連絡手段のためのIT機器をお持ちでない場合の機器購入費
また、受講終了後に下記をご希望される場合、別途費用が発生します。
・認定者を対象とした名刺をご希望される場合
・認定者を対象とした有償講座等にご参加される場合

14講座を全て受講する必要がありますか。数講座のみの受講は可能ですか。

特定講座のみのご参加は承っておりません。

開講する科目や日程の確認方法を教えてください。

受講ご検討時にご確認される場合、こちらから資料申し込みをお願いします。
お申し込み後につきましては、当社が利用するグループウェアよりご確認いただけます。

講座で使用する教材を閲覧することはできますか?

教材は一般公開していません。

1クラスの人数は何名程度ですか?

1クラスの人数は最大で35名、4~6名程度のグループに分かれてディスカッションを行います。

オンラインで受講できますか?

オンラインでの受講はできません。

ディスカッション形式と講義形式の授業では、得られる学びにどのような違いがあるのですか?

講義形式は効率的に多くの知識を得ることができますが、知識だけでは実践者になることはできません。
ディスカッション形式は、講義で得られる知識は少ない分、対話を通じてリアルタイムに他者との捉え方の違いや、価値観を擦り合わせる訓練を行えます。

講師について

講師のプロフィールは公開されていますか?

2019年3月下旬に、当サイトにて発表いたします。

どのような講師が登壇しているのですか?

各分野の「先駆者」と呼ばれる方に登壇いただきます。
詳しくは2019年3月下旬に、当サイトにて発表いたします。

講師の質をどのように担保しているのですか?

カリキュラムの分野に対応した講師を当社独自ルートにより開拓し、個別に面談を重ねた上で依頼しています。
その際の選定基準は以下の通りです。
・講師ご本人の知名度ではなく、活動や業務の先駆性を重視
・専門分野を俯瞰的に把握されていること
・他者との協業や連携に積極的であること

お申し込みについて

受講申込みの方法を教えてください。

3月下旬以降に申し込み用のエントリーフォームを公開いたします。ページに必要事項を記載しお申込みください。当社よりご本人様へメールにて必要事項をご連絡いたします。当社の指示に従い、受講料のお振込みをいただいた時点でお申し込み完了となります。

受講料について教えてください。

受講料は税込み300,000円となります。

受講料にはテキスト・教材の料金は含まれるのでしょうか?

受講料にはテキスト・教材の料金が含まれます。
ただし、以下の教材は含まれませんので、あらかじめご了承ください。
・講師から提示される課題に参考図書があり、受講者がお持ちでない場合の図書購入費

申込をキャンセルした場合、キャンセル料はかかりますか?

当校では特定商取引法に基づくお申し込みのキャンセル、および中途解約に対応しております。
キャンセルのタイミングによっては解約損料をいただく場合があります。詳細は約款をご参照ください。

受講料以外に発生する費用はありますか?

受講中には以下の費用が発生する場合があります。
・講師から提示される課題に参考図書があり、受講者がお持ちでない場合の図書購入費
・受講者が課題提出や連絡手段のためのIT機器をお持ちでない場合の機器購入費
また、受講終了後に下記をご希望される場合、別途費用が発生します。
・認定者を対象とした名刺をご希望される場合
・認定者を対象とした有償講座等にご参加される場合

分割払いは可能ですか?

分割払いには対応しておりません。

クレジットカードは利用できますか?

支払い方法は銀行振込のみとなっております。

請求書や領収書の宛名は、自分の名前のみでしょうか?

お申し込み時にご連絡いただくことにより、ご希望されるお名前にて発行いたします。

領収書の発行をお願いします。

お申込み完了時に、領収書を送付いたします。

受講準備について

受講に必要なツールはありますか?

受講時は、必ず以下のものをご持参ください。
・受講証
・筆記用具
なお、PCやタブレット等をお持ち込みいただくことも可能です。

予習時間はどのくらい必要ですか?

以下の時間を目安に学習の計画を立案してください。
1.講義時間(毎週150分)
2.講義の予習(120分)
3.講義の復習(60分)

ICTの知識がなく、授業についていけるか不安ですが、受講は可能でしょうか?

本校では課題提出にMicrosoft® Word/Excel/Powerpoint等を利用し、受講者との連絡手段としてLine Works®を利用します。このためPCやタブレットなどのデジタル機器をご用意いただく必要があります。
ただし、文字の入力等基本的な操作ができれば、受講に支障はありません。
操作面等でお困りの際には、お気軽にお問い合わせください。
なお、インターネット環境が必須となりますので、あわせてご用意願います。

キャリアにブランクがあり、講座内容が理解できるか不安がありますが、授業についていけますか?

ご心配される必要はありません。
当校で出題される課題は、知識量を問うものではなく、発想力や想像力、他者との連携能力などを求められるものです。
また、必要な知識は事前に提示される課題図書や講義により身に付きますので、ご安心ください。

仕事と両立できるか不安なのですが、どれぐらいの勉強時間の確保が必要ですか?

以下の時間を目安に学習の計画を立案してください。
1.講義時間(毎週150分)
2.講義の予習(120分)
3.講義の復讐(60分)

基礎知識がなく、授業についていけるか不安ですが、受講は可能でしょうか?

ご心配される必要はありません。
当校で出題される課題は、知識量を問うものではなく、発想力や想像力、他者との連携能力などを求められるものです。
また、必要な知識は事前に提示される課題図書や講義により身に付きますので、ご安心ください。

認定・認定後の活躍について

認定の基準を教えてください

認定の基準は以下の通りとなります。
1.全14回の講座において、第1~第12回のうち8回以上に出席し、かつ第13回、第14回の講座に出席すること。
2.第14回に実施するプレゼンテーションに参加し、受講者に対する評価が、当社が別途定める水準に達していること。

なお、第1~12回に参加できなかった方につきましては、翌期の未履修講座を無料で受講していただいた上で、翌期プレゼンテーションに参加することが可能です。

プラチナマイスターは公的な資格ですか

プラチナマイスター®は当社特別顧問にしてプラチナ構想構想ネットワーク会長の小宮山宏氏の名において発行される認定書であり、公的な資格ではありません。

全講座受講後に認定されない場合は、補講等で認定してもらうことはできますか。

補講は、受講者が最終回に行うプレゼンテーションが水準に達していない場合でかつ受講者が希望する場合にのみ実施します。時期は最終回の直前または直後とし、必要な費用は受講者の負担とします。なお、当社の補講等の実施を約束するものではありません。

活躍の場にはどのようなものがありますか。

活躍の場として期待できるのは、たとえば以下のような分野です。
・教育分野
-専門分野を活かした講師
-SDGsプログラムでのファシリテーター
-STEM教育におけるアシスタント
・教育支援分野
-リスクマネジメント、情報システム管理、クレーム対応
・エネルギー分野
-小規模向けESCO事業
・都市農業分野
-家庭菜園や樹木防疫等の支援
・コンサルティング分野
-CSR・SDG分野におけるコンサルティング

活躍する場合、プラチナマイスターはどの団体と契約することになりますか。

活躍先とプラチナマイスターご本人の直接契約となります。原則として当社は契約に関与しません。

ボランティアとしてではなく、対価を受け取ることはできますか

はい。
当社が提携する活躍先での活躍は、有償の契約のみです。当社より無償ボランティアを紹介することはありません。

活躍する場合、専門的な知識が必要になりますか

専門知識の要否は活躍先によりますので、プラチナマイスターを求める先との個別相談の中で詳細を確認します。

プラチナマイスターには、希望すれば必ず活躍の場は紹介してもらえますか

プラチナマイスターの希望する活躍先において、人財の募集があることが大前提となります。

その他

色々と不安があり受講を迷っているのですが、個別に相談することは可能ですか?

受講に対する不安を払しょくしていただくため、個別の相談を承っております。
まずはお問合せフォームからご連絡ください。

開校プレイベント【無料体験】【追加開催】

2019年4月15(月)19:00~21:30

於 武蔵野大学附属千代田高等学院


イベント内では、講義のコンセプトや講師ラインアップなどの詳細を説明するとともに、実際に講義を体験できるコーナー、受講にあたってのご相談などを承ります。
受講を検討中の皆様、是非この機会に「プラチナマイスター・アカデミー」を体験してください。

詳しくはコチラ

募集要項・パンフレット

よくある質問

皆様から寄せられた「よくある質問」をまとめました。

詳しくはコチラ

最近の記事

講師ラインナップ